ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

『コンクリート充填ウォッチャー®』の高精度化を実現、販売開始 -コンクリート打設状況の見える化-

株式会社フジタ

 株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:上田卓司)と三映電子工業株式会社(本社:長野県小諸市、社長:押金達雄)は、「コンクリート充填ウォッチャー®」を製品化し、10月からフジタのグループ会社である株式会社高環境エンジニアリング(本社:東京都渋谷区、社長:近藤敏仁)から本格的な販売を開始します。

 「コンクリート充填ウォッチャー®」は、型枠内に打ち込まれるコンクリートの充填に伴う静電容量の変化を連続的に検知し、コンクリートの打設状況をビジュアル化することにより施工管理を行うシステムです。現在、このシステムは道路橋脚等のコンクリートの品質向上に関する技術提案に多数採用されコンクリート打設時の施工管理に活用されており、汎用性が高いと判断して外販に踏み切るものです。

 フジタでは、2011年にこのシステムを開発して以来、複数の現場で適用性の検証を行い、計測精度の向上やシステムの利便性向上のための改良を行ってきました。今回、高精度(誤差1%以内)でコンクリート打設高さを計測できる計測ケーブルと、広範囲で計測結果を無線により把握できるシステムを製品化し、国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)への登録(登録番号:KT-140049-A)を行いました。

 フジタでは、今後も本システムを積極的に採用し、より高い品質のコンクリート施工を目指します。また、株式会社高環境エンジニアリングでは、システムの販売だけでなく、現場計測管理も合わせた事業の展開を目指します。

20140930_jyuten.jpg

この件に関するお問い合わせ先
株式会社 フジタ
広報室
Tel.03-3402-1911
Fax.03-3796-2346
e-mail.info@fujita.co.jp

本ページに記載している内容は発表日現在のものです。
現時点で変更になっている場合がございますので、あらかじめご了承ください。



2014年 インフォメーション一覧に戻る