ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

荒瀬ダム水位低下設備の放流工を掘削完了 ダム撤去工事にFONドリル工法を初めて適用

 株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:上田卓司)は、荒瀬ダム本体等撤去工事においてダム上流側の水位を低下させるための「水位低下設備」を完成しました。これを受けて熊本県は6月10日から荒瀬ダムの貯水位を下げるための放水を開始しました。

 この水位低下設備は、河川水を流下させるトンネル形式の放流工と水位低下ゲートからなっています。放流工はダム堤体に高さ4m×幅5mの矩形のトンネルを掘削する工事であり、コンクリートの掘削には当社保有技術である「FONドリル工法」を採用し、ダム撤去工事の中でも本体に穴を開ける工事として初めて適用しました。

 荒瀬ダムは、球磨川の河口から19.9㎞に位置し、球磨川地区総合開発計画の一環として1955(昭和30)年3月に竣工した発電専用の可動堰付き重力式コンクリートダムです。 2010(平成22)年3月31日水利使用許可期間満了に伴って発電を停止し、河川内工作物である荒瀬ダム・取水施設および放水路の撤去を行なうことになりました。

 この荒瀬ダム本体等撤去工事では、河川を転流しながら上流側ダム湖の上流水位を低下させ、ダム堤体を撤去することを計画しています。荒瀬ダムの既存堤体は、上流水位を低下させる設備を有していないことから、まず第1段階として、水位低下設備を2基設置する計画となっています。

 放流工は、既存のダム堤体内にトンネルを構築することから、既存堤体の構造に影響を与えない設計・施工が求められ、構築する位置や規模は理論上かつ経験上、ダム堤体の構造に影響を与えないよう設計されています。施工面では、ダム堤体に影響を与えないこと、および渇水期のみの施工となることから、2基の放流工の迅速かつ効率的な施工が求められました。このため、当社の保有技術「FONドリル工法」を採用して高い施工性を確保しました。

 FONドリル工法とは、汎用機械を使用して効率的に連続性の優れた深さ1.2mの人工的な溝(自由面)を形成する工法であり、この自由面により周囲のコンクリートと縁を切り、放流工周辺のコンクリートに影響を与えることなく掘削することを可能としました。放流工のうちトンネル形状となる長さは17mですが、そのうち15.3mはFONドリル工法により2月の下旬から3月にかけて施工しました。上流側貯水池の堤体撤去時に予想外の岩盤が出現したためこの撤去工事が追加となり、放流工用のゲートの設置時期が2カ月ほど遅延したため、残り1.7mは小型の機械を使用して5月の上旬から施工し5月27日に完成、6月10日より放流を開始しました。
 

FONドリル工法の適用実績:

上二河トンネル(広島県)、休山トンネル西(国交省中国地整)、ねざめトンネル(長野県)、日野山トンネル避難連絡坑(福井県)、大屋トンネル(福島県)他

【荒瀬ダム本体撤去工事概要】

工事名称

荒瀬ダム本体等撤去工事

20130617_arase01.jpg

工事場所

熊本県八代市坂本町荒瀬

発 注 者

熊本県企業局

施 工 者

フジタ・中山建設工事共同企業体

工  期

2012年4月1日~2018年3月20日

工事概要

・ 撤去延長 L=158.4m

(堤体長:210.8m)

 

(堤体積:47,167m3


・構造物撤去工(ダム堤体取壊し)

V=27,012m3

・導水路トンネル埋戻し

V=17,736m3

・運搬処理工(産廃処理)

V= 9,276m3

20130617_arase02.jpg

20130617_arase03.jpg



2013年 インフォメーション一覧に戻る