ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

「嵌合(かんごう)リング継手」を開発~急曲線シールド工事で威力を発揮~

 株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区 社長:上田卓司)は、石川島建材工業株式会社(本社:東京都墨田区 社長:福澤勝)と急曲線のシールド工事への適用に有効な「嵌合リング継手」を共同開発しました。
 近年、シールド工事では、覆工品質の向上・施工期間の短縮を目的として、二次覆工を予め工場で施工した二次覆工一体型セグメント※1の使用が増えてきています。
 一方、都市部の下水道や雨水排水路のシールド工事では、立地条件等から急曲線の施工が多くなっており、急曲線区間でセグメントリング間の継手に作用する大きなせん断力に対する補強方法が課題でした。
 そこで、せん断力に対抗する専用部材(嵌合リング)を組み込んで、せん断耐力を強化した、新型セグメント継手を開発しました。開発にあたっては、試験体による性能確認実験・施工現場での実測により、新型セグメント継手の適用性を確認しました。
 開発した「嵌合リング継手」の最大の特長は、使用する嵌合リングの材料強度・サイズを変更することで、予想されるせん断力に対して最適なせん断耐力を幅広く設定できることです。これにより、二次覆工一体型セグメントの急曲線への適用範囲を大きく広げるとともに、従来は数種類のせん断補強した継手を使い分けていたものを、1種類の継手で様々な曲線半径の施工に対応することが可能になります。
 この新型セグメント継手は、日本下水道事業団発注の東京都砂町水再生センター雨水放流渠工事の急曲線部に採用し、覆工の高品質化と現場作業の大幅な省略ができることを確認しました。
 今後、二次覆工一体型セグメントは都市部の雨水管や下水道シールド工事で多くの採用が見込まれています。フジタは、二次覆工一体型セグメントによる急曲線施工に適した「嵌合リング継手」を積極的に提案し、都市部の高品質なインフラの構築に貢献してまいります。

 

 

※1

二次覆工(ふっこう)一体型セグメント

 

シールドトンネルの構造体であるセグメントには、コンクリート製、鋼製があり、急曲線区間については、変形性能が高い鋼製セグメントを用い、後施工で二次覆工を行うことが一般的でした。しかし、近年、主に下水・雨水用のトンネルにおいて、工場製造ラインで鋼製の箱に二次覆工コンクリートを打設して品質管理することにより、トンネル内面の二次覆工コンクリートの品質を飛躍的に高め,現場での二次覆工作業も省略できる"二次覆工一体型セグメント"の使用が増えてきています。


20130617_3/20130624_ring1.jpg


2013年 インフォメーション一覧に戻る