ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

相馬太陽光発電所で発電事業を開始~震災復興モデル事業~

 株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:上田卓司)は、株式会社IHI(本社:東京都江東区、社長:斎藤保)、中村土木株式会社(本社:福島県相馬市、社長:植村賢二)との共同出資による「ニューパワー相馬合同会社」を設立し、2013年10月より福島県相馬市光陽の市有地(敷地面積約58,000㎡)にて太陽光発電(メガソーラー)事業を開始しました。

 本事業は、2012年7月から施行されている、再生可能エネルギー特別措置法の固定価格買取制度を適用し、今後実施を検討する被災地有効活用のためのモデル事業です。2012年8月に相馬市が主催する発電事業者選定の公募型プロポーザルが実施され、同年9月にフジタ・IHI・中村土木グループが選定されました。2013年3月に安全祈願祭を開催し、工事を進めてまいりました。

 事業者であるニューパワー相馬合同会社が、市と20年間の借地契約を締結し、同合同会社が太陽光発電事業を推進します。
 太陽光パネルは7,994枚、発電設備規模(モジュール容量)は、一般家庭約600世帯分の電力量に相当する1,998kw、事業期間は2013年3月から20年間です。
 また、施設内に国指定重要無形民俗文化財である「相馬野馬追(そうまのまおい)」用のトレーニングセンターも設置し、東日本大震災の復興にも貢献して参ります。

20131011_solar.jpg
相馬太陽光発電所


2013年 インフォメーション一覧に戻る