ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

入社式社長訓辞要旨

 本日行われました入社式において、代表取締役 社長執行役員 上田卓司より訓辞がありましたので、その要旨をお知らせ致します。



1.日時:2013(平成25)年4月1日 10:00~11:00
2.場所:修養団SYDホール(東京都渋谷区千駄ヶ谷)
3.新入社員:63名

4.要旨:
 入社おめでとう。心より歓迎します。
 フジタはどんな会社であるかをできるだけ早いうちに知り、好きになって欲しい。
 フジタを表現すると「社会が求める建設、ものづくりを通じて利益を出すことを目的とし、多くの協力会社とともに、100年を超える歴史を刻み、多くの建設実績を積み、信頼と技術を持って、今尚進化し続けている。そして、大和ハウスグループの一員となり、グローバル企業として更なる成長が期待される」企業ということになる。
 フジタの成長に向けた戦略は、建設を基盤とし、海外・ストック・環境の3つのビジネスを成長分野と位置づけ強化することである。
 「企業は人なり」と言われるが、事業経営に必要なものは「人、もの(技術、ノウハウ)、金、情報」である。最も重要なのは、"人"。"人"がもの、金、情報を生み出し、使いこなし、人が時代に合わせ進化させていく。
 フジタには独自の歴史と企業文化、ノウハウや技術がある。皆さんが組織として戦う以上、その風土やノウハウ、技術の基本を学び、時代に合った社会が求める新しいものを作り上げていってほしい。
 全社員がフジタを知り、愛し、自身の人間力を高め、組織の総合力を使うことで必ず競争に勝てるはずである。
 またフジタは、多くの人の支え、先人達の努力によって幾多の困難を乗り切り、その都度、競争に勝てる力をつけてきた。
 今回の大和ハウスグループ入りは、グループ全体の成長はもちろんのことフジタ自身の信用を格段に高め、更なる大きな成長への可能性を示唆している。この2013年度は、新生フジタとしてのスタートの年でもある。
 企業も人も苦しみや悲しみを乗り越え成長していくものである。皆さんにも必ず試練は訪れる。これを乗り越えるには人間力をつけることが大事だ。
「人は一人では生きていけない、多くの人に生かされている」(感謝の心)
「当たり前のことを当たり前にやる」(凡事徹底、誠実な心)
「努力すれば必ず報われる」(前向きな心)
 この3つの心構えをしっかり心に刻み、常に持ち続けてほしい。そして習慣づけることによって、一年経った時に人間力は、かなり向上しているはずである。人間力は夢を叶える原動力。自身の成長と共に、小さな夢から大きな夢へと広げてほしい。
皆さんが良き人生をフジタの成長と共に歩むことを心より祈念する。

20130401_01.jpg
上田社長の訓辞

20130401_02.jpg
集合写真


2013年 インフォメーション一覧に戻る