ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

環境

「フジタ・エコ憲章」に基づき、環境を経営の柱の一つとして取り組んでいます。省エネと快適さを両立させたオフィスビルの建築をはじめ、自然環境にやさしい施工方法の開発、水や土壌の浄化技術の展開などを通じて、持続可能な社会づくりに貢献します。

環境ニーズに応える企画・提案

ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)※をはじめ、環境への配慮と快適性を兼ね備えた 建築プランをご提案します。

CASBEE Sを取得した環境配慮庁舎

※ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)

省エネ技術や再生可能エネルギーを利用することで、消費する一次エネルギーが年間で正味ゼロとなる建築物の総称です。

エコロジーな自然採光

庇(バルコニーを含む)や可動ルーバーにより日射と採光をコントロールし、照明の電力や空調負荷を低減します。

工学院大学の例

自然通風による省エネ効果

自然の風と光を取り入れるエコアトリウムを設けることで、空調利用を最小限に抑えます。

一宮町役場の例
温熱環境シミュレーション
照度シュミレーション

環境にやさしい設計を支えるシミュレーション技術

シミュレーション技術で照明や通風の解析(効果測定)を行うことで、省エネルギー性に優れた建物の設計を可能とします。

自然環境の保護

希少種(絶滅危惧種)に配慮した施工

建設工事によって希少な動植物が失われないよう、繁殖に適した場所への移植をはじめ、その後のモニタリング、環境データ蓄積などを継続して行っています。

施工現場でのCO2削減

シールドトンネル工事の現場にCO2発生量を“見える化”するシステム「FCMS」を導入、さらにさまざまなCO2削減技術を組み合わせることで、CO2を大幅に削減します。
FCMS:Fujita CO2 Monitoring System

CO2削減技術の例

  • 立て坑クレーンがセグメント(構造部材)を降ろす際に発生する電力を他の機械設備に使用。
  • シールド坑内の仮設照明にLED 蛍光灯を使用。
  • 事務所・現場内に太陽光パネルを設置。
  • 掘削土砂を脱水して汚泥を減らし、搬出ダンプの燃料を削減。

ここからフッター情報です

ページ上部へ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります