ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

歴史

2015年 大和小田急建設株式会社と株式会社フジタが合併
1869年 初代野村専太郎が新宿にて「野村組」を創業
1908年 甲州街道筋に本社屋を新築
1895年 淀橋浄水場建設に参画
1910年 本格土木請負工事の第一号として、成田-宗吾を結ぶ千葉県初の電気鉄道「成宗電車」の軌道内トンネル2つが完成。
(写真は2014年、土木学会選奨土木遺産認定時のもの)
1915年 京王電気軌道新設敷設工事(天神橋~新宿間)着工
1930年 東京府付属庁舎増設工事を担当。
1939年 株式会社野村組設立
1947年 本社を新宿区角筈の高野ビルに移転
1948年 「野村工事株式会社」に社名を変更
1953年 ケンキー工業株式会社設立
1962年 東証第二部に上場
1966年 株式会社三菱銀行新宿支店が完成
1966年 新宿西口広場・駐車場が竣工
1971年 新宿区西新宿に本社屋が完成。
小田急グループへ参画。社名を「小田急建設株式会社」と変更
1973年 東証第一部に上場
1998年 新宿東南口にFlagsが完成
1998年 新宿南口甲州街道横断橋が完成
1998年 新宿南口人工地盤が完成
2002年 ISO9001(2000年版)の認証を取得
2003年 ISO14001(1996年版)の認証を取得
2008年 大和ハウスグループへ参画、社名を「大和小田急建設株式会社」へと変更
2013年 連結子会社である株式会社ケンキーを吸収合併
2015年 上場廃止
大和ハウス工業株式会社の完全子会社となる
1910年 広島市で藤田一郎、定市兄弟が土木・建築請負業を創業
1928年 「警視庁」鉄骨工事を担当
1937年 株式会社に改組(株式会社広島藤田組)
本社を東京の丸の内に置く
1942年 社名を株式会社藤田組に改称
1945年 空襲で本社焼失、広島支店原爆被災
1948年 本社を東京都中央区八重洲に移転
1959年 第1次長期経営計画
1960年 技術研究所を設立
株式を東京店頭市場に公開
1961年 株式を東証など第2部に上場
1962年 日本初のハイウェー「名神高速道路」の尼崎工区完成
名神高速道路尼崎工区
1963年 株式を東証、大証1部に上場
本社を東京都渋谷区千駄ヶ谷に移転
1965年 「駒沢公園内オリンピック記念塔」BCS賞受賞
駒沢公園内オリンピック記念塔
1968年 経営計画にVE手法を導入
1970年 「万博お祭り広場」で地組みした大屋根を30mの高さにジャッキアップ
万博お祭り広場大屋根を
ジャッキアップ
1971年 社名をフジタ工業株式会社に改称
1976年 大阪駅前で円型超高層ビル「大阪マルビル」完成
大阪マルビル
「青函トンネル本州側入口」浜名工区完成
青函トンネル本州側入口
浜名工区
1978年 建設の無人化をめざしてマイクロエレクトロニクス技術開発に着手
1981年 中期経営計画<1次>スタート
日本初リージョナルショッピングセンター 「ららぽーと」完成
ららぽーと
1986年 企業理念策定
1988年 大宮ソニックシティ完成
1990年 社名を株式会社フジタに改称、スローガン「“高”環境づくり」策定
1994年 雲仙普賢岳で無人化施工を実施
1996年 東京支店建築部門、本社建築設計部門がISO9001認証取得
1997年 総合建設業で初めて、東京支店でISO14001認証取得
国内全支店ISO9001認証取得
2002年 株式会社フジタから分割し、株式会社フジタ(新設会社)を設立、社名
並びに建設事業部門を継承。
東証第二部に新規上場
2005年 ゴールドマンサックス経営参画
全社一括で ISO9001とISO14001の認証取得
2007年 中期経営計画「フジタSTEP-UP計画」策定
2009年 上場廃止、(有)フジタホールディングスの完全子会社化
経営改善計画(2009~2010年度)策定
2013年 大和ハウス工業の株式取得により子会社化

ここからフッター情報です

ページ上部へ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります